2017年1月18日水曜日

譜読み(譜面の読み方)がいまさら変わる

去年の終わりごろから、クラシックピアニスト(というより現代音楽ピアニスト)の中村和枝さんに、いまさらですがピアノを習っています。
ピアニストの私がピアノを習う、なんていうと変な感じかもしれませんが、ピアノ演奏について私にはごっそり欠落している部分があります。
それは「譜読み」であり、「譜面に書かれた曲を演奏する」ことです。

子どものころ、ピアノ教室に通っていたことがあって、楽譜は普通に読めますし、むしろ初見なども得意なほうですが、和枝先生から習う譜読みとその演奏はまったくちがいます。
毎回、おそろしく深遠な世界を垣間見たり、またそこへ突き落とされるような感じです。
いや、わるい意味ではなく、もちろん暴力的な意味でもなく、つまり私にとっては冒険のようなスリリングな世界がそこにある、ということです。

譜面は普通に読めるし、音楽を構造的に解釈し理解することもできると自分では思っていましたが、まったく層のちがう世界がそこにあることに気づかされます。
クラシック演奏家の頂点の世界を見させてもらっています。

課題曲としてモーツアルトの「きらきら星演奏曲」とか、バッハのインベンションをやっているんですが、もちろん弾くだけなら簡単な曲です。
楽譜どおりに書かれているとおりに、間違えずに弾けるようになるだけなら、小学生でもできるでしょう。
しかし、和枝先生には「音楽として」弾くことを要求されます。
モーツアルトやバッハが魂(命)の発露として表現しようとした世界を、私も見ることを要求されます。
その上で、私自身の魂がそれをどのように表現したいのか、ようやくそこにたどりつくわけです。
まだまったくその入口にしか達していません。

おそろしくむずかしく、遠い道のりですが、やりがいがあるし、わくわくする道程です。
自分の命の限度内にある程度のところまで行けるのかどうかすらわからないけれど、この挑戦は楽しいのです。

クラシック音楽だけでなく、私がやっている即興演奏の世界にも、そして朗読や文学や身体表現の世界にも、深いレイヤーがあって、そこに気づいたり進入していくことがどれだけ苦しくも楽しいことなのか、すこしでも知ってもらえると私はうれしいし、なにより理解しあえる仲間がいると心強いですね。
あらゆる表現や仕事、そして生活や生き方についての話ですよ。

水城ゆうの音楽レッスン
ピアノの即興演奏、オリジナルアレンジ、実用的な演奏方法、ボーカルレッスンを含むユニークな音楽レッスンを随時おこなっています。真に楽しむための音楽へのアプローチを学びましょう。

2017年1月17日火曜日

映画:アデル/ファラオと復活の秘薬

2010年公開のフランス映画。
監督はリュック・ベッソンです。
「あの」リュック・ベッソンです。

監督がだれなのか知らないまま、というか気にせずに、そもそもフランス映画だということも知らずに、見始めた映画でした。
はじまってすぐにフランス映画だということはわかりましたが、リュック・ベッソンだとはしばらく気づきませんでした。

フランス映画特有のややもってまわった導入や、セリフまわしが鼻につく部分が多少ありましたが、それにしてもテンポよく、フランスでもこんな映画が作れるのね、と関心していたら、なるほどリュック・ベッソンでしたか。
ベッソンは「サブウェイ」「グランブルー」「ニキータ」「レオン」「フィフス・エレメント」「ジャンヌ・ダルク」と、ずっと観ています。
とくに初期の作品は印象に残っています。
いちばん好きなのはやはり「グランブルー」ですかね。

この「アデル」もなかなかです。
アデル役の主演女優ルイーズ・ブルゴワンもなかなか魅力的です。
いささか乱暴で強引なところがあるけれど、繊細なわがままさを持っていて、妹思いの愛にあふれた姉役を、魅力いっぱいに演じています。

ストーリーは漫画ですよ。
荒唐無稽なお話です。
ライトノベルか、というような筋です。
ほとんど破綻していますが、ベッソンはストーリーを描きたかったわけではないでしょう。
じゃあ、なにを描きたかったのか、といわれれば、映画という表現手段を使ってどこまで遊べるか試してみた、という感じがあります。
そのへんも余裕ですね。
第一次世界大戦前のフランスが舞台なので、そのあたりのノスタルジーというか、懐古的な映像も楽しめます。

観たからなにか役に立つとか、触発されるとか、とくにあるわけじゃありませんが、エンタテインメントとして頭からっぽにして観られるバカ映画という意味では、きちんとしてますね。

ボイスセラピー講座@新代田(1.20)
呼吸や声を使って自分自身や身近の人を癒し活力を養うボイスセラピーの概要を、半日で学び身につけるための講座です。この講座の受講修了が音読トレーナーの資格取得講座の受講要件となります。1月20日(金)19時から新代田駅すぐ近くの会場にて開催。

2017年1月16日月曜日

【YouTube】共感的コミュニケーション(NVC)の基本原理

2017年1月11日。
下北沢〈Stay Happy〉で隔月開催している共感的コミュニケーションの勉強会「共感カフェ」から、一部抜粋です。

 世話人 水城ゆう

映像はこちら

2017年1月15日日曜日

「書く」という行為で自分と深くつながる

年末の「自分とつながるテキストライティング」講座で、参加者のみなさんに投げかけてみた質問があります。
「小説家とライターのちがいはなんでしょう」

ライターというのは、雑誌やネットの記事やコラム、商品や店などの紹介や対談をまとめたりして、お金をいただく仕事をしている人のことです。
つまり、文章を書くという仕事の対価を生活の糧にしている人です。

そういう意味では職業小説家も、文章を書いて原稿料や印税収入を生活の糧にしているわけで、似ているといえるでしょう。
しかし、この二者には決定的にちがっていることがひとつあります。

ライターは仕事の依頼があって初めて、文章を書きます。
依頼もないのに、あるいは収益が発生する見込みもないのに、文章を書いたりしません。
しかし、小説家はちがいます。
仕事の依頼があろうがなかろうが、とにかく書きたいのです。

なかには依頼がないと書かない、という職業小説家もいるかもしれません。
しかし、彼とて最初はだれにも頼まれていないのに、小説を書きはじめたのです。
つまり、小説を書きたいから、あるいはやむにやまれぬ表現衝動に突き動かされて、小説を書きはじめるのです。
それが小説家です。

収益を目的とせずに、あるいはなんらかの見返りを設定せずに、自分自身を表現するために文章を書くためには、まず自分自身を注意深くさぐる必要があります。
自分はなにを書きたいのか。
自分のなかからどんなお話が、どんな風景が、どんなことばが出てくるのか。
自分はどんなことばをつかって自分のことを人に伝えたいと思っているのか。

経験や記憶や、それによって形成された性格が、その人の個性だと思っている人がいます。
というより、むしろ大多数の方がそう思っているのではないでしょうか。
社会的にもそのように規定されているように思います。
しかし、テキスト表現においてその規定は役に立ちません。
経験や記憶や性格は、後天的に、社会的に作り上げられてきたもので、厳密には書き手のオリジナリティを担保するものではないのです。

では、書き手のオリジナリティ――つまりその人がそこに生き生きと存在しているユニークさそのもの――はどのように表現されるのでしょうか。

私がおこなっている「自分とつながるテキストライティング」のワークショップは、そこに向かってさまざまな試みをおこなってみます。
ワークショップで私はいくつかのワークの提示をします。
それははっきりいって、直感と思いつきによって生まれたものです。
手探りです。
それがうまくいったり、うまくいかなかったりしますが、どちらにしてもさまざまな気づきが生まれます。
提案されたワークが機能するかしないかより、それによって参加者がみずから気づくことが大切なのです。
そのためのワークの方向性――すなわち書き手のオリジナリティを表現する――だけはあやまらないように、私は厳密に注意を払っています。

と、いろいろ小難しいことを述べましたが、実際に参加していただければわかるように、とにかく楽しいのです。
書くという、小学校以来の原初的な表現行為。
この楽しさと可能性を再発見してほしいのです。

ことば=テキストという、非常に限定された世界のなかで、いかに自分に向かいあい、つながり、発見できるか。
なにも全員が小説家になりなさいといっているわけではありません。
ことばで自分を表現することの不自由さと可能性に向かいあったとき、この現代という時代においてそれが意外に役立つということを、きっとわかってもらえるだろうと思っています。

自分とつながるテキストライティングWS(2.18)
いまの時代こそ表現の根本である「ことば」が重要であり、私たちは自分自身を語ることばを獲得する必要があります。それを模索するワークショップを2月18日(土)に国立で6時間にわたって、じっくりとおこないます。

2017年1月13日金曜日

【YouTube】てんトコラの朗読とピアノの即興セッション

2017年1月12日。
下北沢〈Com.Cafe 音倉〉でおこなわれたオープンマイクでのパフォーマンスです。

 朗読テキスト
 『野鳥雑記』柳田国男
 『花野菜』宮沢賢治

 朗読 てんトコラ
 ピアノ 水城ゆう

映像はこちら

グループでのボーカル(音楽)レッスンをしました

私の専門はピアノで、とくに即興演奏やアレンジですが、それ以外の音楽レッスンもおこなっています。
しばらく前の羽根木時代に「音楽塾」というものをやっていて、そこでは即興のワークショップや、音楽という表現芸術についての秘密を解き明かしたり、みんなでうなりのない(ゼロビート)はもりを試みたり、いろいろな実験を楽しみながらやっていました。

ボーカルレッスンもやっていました。
とくにアドリブで歌ってみたい、というような人には、ジャズ理論の入口にあたるような音楽的知識を解説しながら、スケール練習をおこなったりしました。

今回、星須美さんが企画したグループ展のオープニングでおこなった音楽セッションに参加した人から、ボーカルレッスンをやってほしいというリクエストがあり、グループレッスンをおこなうことになりました。
ボーカルのグループレッスンはこれまであまりやったことがなかったんですが、やってみるとなかなか楽しくて気づきが多い会になったのです。

歌にしても朗読にしてもそうなんですが、声の表現は「身体表現」ととらえています。
声は喉から出てくるだけではありません。
声帯という器官(それもまたさらに細分化できますが)を使うだけでなく、呼吸、姿勢、あるいは身体全体をどのように使うかによって、発声のクオリティは大きく変化します。
歌というと、音程(ピッチ)や声量、声質、響き、ビブラートなど、さまざまにテクニカルな問題がありますが、これらも身体の使い方で解決することが多いのです。
部分的なテクニックより、身体全体の使い方を整えたり、注目して気づいたりすることで、多くの問題が解決してしまいます。

また、今回参加したみなさんは、自分らしい嘘のない声でのびのびと歌いたい、という共通のニーズがあったので、なおさら個人の身体性に注目するトレーニングは有効だと判断しました。

まず、自分の持っている音程をチェックしたあと、簡単な童謡を低い音域で歌う、中音域で歌う、高い音域で歌う、その過程で自分の身体の変化に注目する。
あるいは身体性が変化したとき、声はどのように変化するのか観察する。
さまざまなアプローチを試みてみました。
そして最後は、ひとりでできる歌の練習法を伝授しました。
身体を丁寧に味わいながら自分の声を読みとばさない練習法です。

楽しくて、最後には、このグループで今度はコーラスにも挑戦したいね、という話が出たりしました。

単独のボーカルレッスン、グループレッスン、またピアノなど楽器の即興演奏や楽曲のアレンジのレッスンなどおこないますので、興味がある方は気軽にお問い合わせください。

水城ゆうの音楽レッスン
ピアノの即興演奏、オリジナルアレンジ、実用的な演奏方法、ボーカルレッスンを含むユニークな音楽レッスンを随時おこなっています。真に楽しむための音楽へのアプローチを学びましょう。

2017年1月12日木曜日

映画:ロスト・バケーション

2016年公開のアメリカ映画。
いわゆる「サメパニック映画」です。

かんがえてみれば、「ジョーズ」以来の系列を長々と持つ、いわば伝統的なパニックサスペンスですね。
じつに繰り返し繰り返し撮られ、作られてきた。
襲い来るサメ、その強大な力の前になすすべもない人間、そしてお色気。
この映画もそれらすべてが揃っています。

最近はサメ映画もネタが尽きてきたのか、知能が進化したり、巨大化したり、集団化したりと、さまざまにエスカレートしてきていますが、この映画は「ジョーズ」以来の基本を抑えているといえましょう。
じつにオーソドックスなサメものです。
これだけオーソドックスなアプローチでそれなりに「見せる」映画を作るには、なか
なかの技術が必要なのではないかと想像しますし、たしかにいたるところにいぶし銀のような演出や隠し技術が見え隠れしているのです。

監督はと見ると、「アンノウン」「フライト・ゲーム」などのジャウム・コレット=セラではありませんか。
「フライト・ゲーム」は最近レビューしましたね。
なるほど、なかなかの手練れでしょう。
しかし、なんでいまさらサメもの?

調べてみたら、どうやら自分の映画製作会社を立ちあげ、そこで低予算ながら楽しめるホラーサスペンス映画を作りはじめているようです。
予算的リスクを最小限におさえ、しかし確実にリターンが取れるものを、ということで、このサメものになったんでしょう。
それにしてもリスクがまったくないわけではないですね。
アイディアと演出の自信があったのかもしれません。

サメが苦手な人、ホラーやサスペンスが苦手な人、血を見るのがいやな人は避けたほうがいいでしょうが、そうでなければさくっと楽しめる映画だと思います。

水城ゆうの音楽レッスン
ピアノの即興演奏、オリジナルアレンジ、実用的な演奏方法、ボーカルレッスンを含むユニークな音楽レッスンを随時おこなっています。真に楽しむための音楽へのアプローチを学びましょう。

2017年1月11日水曜日

映画:ゴーン・ガール

2014年公開のアメリカ映画。
原作は2012年に発表されたギリアン・フリンによる同名の小説。
監督はデヴィッド・フィンチャーで、「セブン」「ファイト・クラブ」「パニック・ルーム」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」「ドラゴン・タトゥーの女」を手がけてる、といえばその独特の手触りを思いだす人も多いんじゃないでしょうか。

この「ゴーン・ガール」は公開時にかなり話題になったんですが、私は未見でした。
じつはおなじギリアン・フリンの原作をもとに作られた「ダーク・プレイス」が2015年に公開されていて、なぜか私はこれが「ゴーン・ガール」の続編だと思いこんでいたんですね。
で、「ダーク・プレイス」は主演がシャーリーズ・セロンなので、「これは見なければ」と思っていたわけなんですが、続編からではなく、先に公開された「ゴーン・ガール」をまず見なければと思い、見たわけです。
実際には別の映画です。

妻が失踪します。
殺人事件かもしれない証拠がいろいろと出てきます。
マスコミがわんさか介入してきて、ベン・アフレック演じる主人公のニックは悪者に仕立てあげられていきます。
ニックは実際にかなりろくでもない男なのです。

謎解き要素が多い前半ですが、後半になると映画の要素は一変します。
意外な展開です。
意外すぎて、破綻ぎりぎりです。
いや、これ、映画作品として構造は破綻しているでしょう。
意外な展開なんだけど、ある意味、典型的な展開ともいえます。
あ、やっぱりね、という展開でもあります。

妻役のロザムンド・パイクがなかなか鬼気迫る演技を見せています。
(鬼気迫りすぎてオトコとしてはツラい)

この映画の世評として、「恋人同士で観に行ってはいけない」というものが多かったそうです。
さもありなん。
「親密な関係」をきちんとつながりの修復していかないとこうなるよ、という警告でもありますね。

【メールマガジン「水マガ」毎日配信中】
水城ゆうの現在の活動にかかわるすべてのものについて、テキストコンテンツとして毎日配信しています。長編小説『大きな川と雪のものがたり』連載中。
登録はこちら