2016年8月31日水曜日

楽しかった代田区民センター練習会

8月27日(土)午後は、新代田駅すぐそばの代田区民センターで「マインドフル共感音読養生練習会」をおこないました。
いやいや、楽しかったな、これ。

けっこう期日が迫ってからの突発的な告知だったのと、天気がいまいちだったので直前キャンセルが出たりしたこともあって、少人数での開催だったんですが、なかなかおもしろい練習会になったと感じてます。

行ってみたら、予約してあったはずの第四会議室が予約が取れていないということが判明。
しかし、偶然にも和室があいていて、結果的にはこちらのほうがよかったということに。
ラッキーでした。

まずお互いに自己紹介をしながら、興味のあること、練習してみたいことなどを、キーワードで書きだしていきました。
その結果、

 NVC(共感的コミュニケーション)
 マインドフルネス
 瞑想(ソニック・メディテーション)
 音読療法(ボイスセラピー)
 現代朗読
 韓氏意拳
 身体表現

といった項目が出てきました。
まずはNVCについての話。
それから、NVCとも深く関係があるというか、NVCにも必須のマインドフルネスについての話。
チベタンベルを使っての短時間瞑想をやってみました。

そのあと、私の専門分野ともいえるソニック・メディテーションの試み(ベル瞑想もそうですが)。
私が考案した「こうもりのエチュード」にチャレンジしてみました。

こうもりという動物は暗闇のなか、みずから発する超音波をレーダーのように使って飛びます。
それをまねて、人も視界を遮断したまま、自分の声をレーダー代わりに使って、壁に向かって歩いたり、お互いにつかまえたり逃げたりするという、ゲーム的なエチュードです。
これはなかなか楽しかったです。
そしてとてもマインドフルな「いまここ」の感覚に集中することができました。

後半では音読療法に興味を持っている方がいらしたので、どんなことをやっているのか、ごく短くですが音読エチュードを体験してもらいました。
また、韓氏意拳で「予備式」といわれている「状態」にはいって自分の身体の全体性を緻密に体認していく方法を試みたりもしてみました。

いずれも現代人に必要な「身体の復権」と「マインドフルなありよう」の練習で、これを深めることで心身の活力を本来レベルまで高めたり、本来持っている能力を最大限まで生かしたりできるようになると、私はかんがえています。
実際、私はこのような練習で自分の表現パフォーマンス(音楽演奏や朗読演出)を向上させたり、執筆などのコンテンツ製作にも役に立っている、いやそれ以上に必要不可欠なものになっている、と感じているのです。

この練習会は突発的なものでしたが、ご要望があればまた開催してもいいですし、私のおこなっているそれぞれのイベントでかならずおこなっていることなので、気になっている方は参加してみてください。

音楽瞑想ワークショップ@明大前キッドギャラリー(9.18)
ここ数年「音楽瞑想」として結実させたワークを、よりわかりやすく楽しめる形でみなさんとシェアします。深く自分自身の身体とこころにつながる体験を提供します。年内閉館が決まった明大前キッド・アイラックにて。

2016年8月30日火曜日

料理:ゴーヤのサラダ

もうそろそろ盛りをすぎかけてますが、ニガウリことゴーヤ(あるいはゴーヤー?)が畑ではたくさん採れてます。
ゴーヤといえばゴーヤチャンプルーですが、それ以外にもフライや天ぷら、野菜カレーの具、ジュースのタネなど、いろいろと使い道があって、私は重宝してます。
そのなかでも、ゴーヤのサラダは私のいち押しです。

【材料】二人分
・ゴーヤ……半分
・玉子……2個
・玉ねぎ……小さめ半分
・塩、こしょう、マヨネーズ

ゴーヤは縦半分に切って、なかの種とワタをスプーンでけずりとっておきます。
玉子はゆでておきます。
玉ねぎは繊維を断ち切る方向にスライスしておきます。

厚さ2、3ミリくらいの薄めの小口切りにしたゴーヤを、ボウル(や鍋、大きめの器など、なんでも)にいれます。
塩もみや水にさらす必要はありません。

細かめの乱切りにしたゆで玉子を加えます。
スライスした玉ねぎを加えます。
塩・こしょうをします。
あとでマヨネーズを加えるので、塩は少なめに。
こしょうは好みにもよりますが、私はたっぷりめにいれるのが好きです。

ざっくりと混ぜあわせたら、最後にマヨネーズをグルグルと2巻きくらい加えて、もう一度混ぜあわせます。
味をみて、マヨネーズの分量を調節して、整えます。

【応用】
これをベースにいろいろな材料を加えると、バリエーションが生まれます。
その一例を。

・コンビーフ
・ツナ缶
・ソーセージ
・サイコロに切ったハム
・サイコロに切ったプロセスチーズ
・炒めた薄切りの豚肉
・ボイルした鶏肉

【メールマガジン「水マガ」毎日配信中】
水城ゆうの現在の活動にかかわるすべてのものについて、テキストコンテンツとして毎日配信するメールマガジンの登録はこちら

2016年8月29日月曜日

国立に越して初めての北陸帰省

だいたい毎月、北陸の実家に帰省していますが、先月までは世田谷・羽根木から羽田空港と小松空港経由でした。
今回、初めて、国立からの帰省で、初ルートでした。
これがなかなか大変だったのです。

ルート検索すると、国立駅から羽田空港へは何通りもの行き方が出てきます。
これまでは羽根木の最寄りの新代田駅から渋谷に出て(10分もかかりません)、山手線で品川、京急で羽田空港という、シンプルなルートで、時間も1時間かからないくらいだったんですが、国立駅からだと選択肢がけっこうあります。

まずJRで新宿まで出て、それから品川まで山手線、そして京急で羽田空港というパターン。
これまで同様シンプルですが、新宿までけっこう時間がかかります。
そして国立駅は特快が止まらないので、快速でそのまま新宿まで乗っていくか、国分寺で特快に乗り換えるかがあります。

つぎに、JRで吉祥寺まで行き、井の頭線で渋谷に出て、それから山手線で品川というルート。
これは前記のルートとほぼおなじ時間ですが、すこしだけ運賃が高くなるのかな。

それからJRで御茶ノ水か東京駅まで行って、山手線か京浜東北線で浜松町に行き、そこからモノレールで羽田空港に行くルート。
これがもっとも安いし、時間も上記のふたつとおなじくらいです。

それより早いルートとして検索結果で推奨されるのが、吉祥寺から空港バスに乗るルートです。
これは早いんですが、運賃がだいぶ高くなります。

結局、行きは3番めの国立、御茶ノ水、浜松町、羽田空港というルートにしました。
朝早い便だったので、国立で乗ったのが午前6時前。
この時間だとなんとか座ることができるようです。
しかしまあ、羽田まで1時間半近くかかります。

帰りは気分を変えて、羽田から吉祥寺行きのバスに乗ってみました。
時刻は夕方の帰宅ラッシュ時。
まあこれがみごとに渋滞に引っかかって、首都高速は動かないので下道を走るということで、しかし吉祥寺までたっぷり2時間近くかかりました。
そこからさらに国立ですからね。

そして間が悪いことに、吉祥寺から西国分寺まで来たら、八王子のほうで線路から異音が聞こえたとかで、全線ストップ。
あとひと駅で立ち往生です。
まあこれは幸い、10分くらいで動きだしましたが。

てなことをだらだらと書きましたが、移動時間が長いときにはそのときになにをするかが、快適にすごせるかイライラして疲れてしまうかの分かれ目になります。
私にはいつもいくつも、待ち時間、空き時間、移動時間にやりたいことの準備があります。
漫画を含む読書(Kindleですが)、映画や音楽やラジオ鑑賞、そして執筆。
これに編み物を参加させたいところですが、荷物が増えるのと、まだひと前でやるには気がひけるというのがあって、実行には移していません。
今回は音楽を聴きながらの読書でした。

そういえば、今回は行きも帰りも飛行機が満席だったんですが、帰りの飛行機のなかで私のうしろの席の赤ちゃんが私の髪をいじって遊んでいて(白髪がめずらしかった?)、お母さんがしばらくそれに気づかず、あとでかなり恐縮されました。
私は楽しかったんですけどね。

一日集中自力出版講座@国立(10.1)
自作の出版を、既存の出版社から独立出版へと完全移行した水城ゆうが、そのノウハウを半日集中講座でシェアします。会場はJR国立駅から徒歩5分の某所。ランチをはさんで7時間、がっつり学んでください。

2016年8月28日日曜日

羽根木から国立へ、本格始動

長年活動拠点としてきた世田谷・羽根木の家がなくなって、私も、そこに集ってくれていた多くの方々も、少なからずショックを受けていたんですが、いつまでも足踏みしていられないと気持ちを切りかえて、ふたたび元気に歩きだすことにしました。
とはいえ、引っ越しに相当のエネルギーを吸いとられ、また国立というあたらしい環境に完全に慣れたとはまだまだいえない状態です。
すこしずつペースをつかんでいきたい、といったところでしょうか。

環境が変わると、発想も変わります。
とどまることにも変わることにも、良い側面とそうでない側面がありますが、変化したいま、変化することの良い側面を積極的にとらえ、そちらに舵を切り、いままでなかった発想やできなかったことに踏みだす勇気を持とうと思います。

世田谷で活動していたときに集まってきてくれていた人たちも大切にしたいので、世田谷での活動は継続することを決めています。
が、いままでどおりというわけにはいかず、形が変わることにもためらわず、積極的におもしろいこと・役立つことに向かおうと思ってます。

羽根木の家の近くには使いやすい区の施設がいくつかあって、そちらを使っていくことにしてます。
今週土曜日午後の「マインドフル共感音読養生練習会」という、なにやらてんこ盛りなタイトルの実験的な試みがあります。

世田谷では韓氏意拳の身体表現者向け講習会を、毎月一回、継続的におこなっていくことについて、講師の内田秀樹韓氏意拳準教練と合意がとれています。
また会員向けの世田谷講習会もできれば月一回のペースでおこないたいと思っています。

韓氏意拳のほかにも、三軒茶屋〈カフェ・オハナ〉、下北沢〈ステイハッピー〉と〈かまいキッチン〉での共感カフェも継続しますし、あらたに個人主催の世話人に手をあげてくれた〈寿美ちゃんち〉も加わりました。
ありがたいことです。

国立でも共感カフェをやることになって、こちらは私(と音読療法協会)が主催ですが、今週の日曜の昼に開催します。
〈寿美ちゃんち〉のように、普通の住宅のリビングで開催するもので、キッチンが横にあるので、お茶を出したりするのも楽です。
参加のみなさんには安心の場としてくつろいでいただけるとうれしいです。
ひょっとして近いうちに、料理なども提供できるかもしれませんね。
駅近くのとても便利な場所なので、どうぞ遊びにいらしてください。

そしてこれはまだおおやけにはしていませんが、ひさしぶりに東京を飛びだしてイベントをやる計画が進行中です。
まずは名古屋かな。
キーワードは「楽しい」「深い」「未知の自分に出会う」です。

朗読生活のススメ9月「表現者として生きる」編全3回(9.3/10/24)
すべての人が表現者へと進化し、人生をすばらしくするために現代朗読がお送りする、3回完結の講座です。2016年9月は「表現者として生きる」というテーマで3日/10日/24日の3回、それぞれ土曜日の午後6時半から、世田谷区立代田地区会館にて開催します。


2016年8月27日土曜日

【朗読生活】朗読のための読書

朗読という表現は書かれた文字=テキストを読みあげることで成り立っています。
自分が書いたものを読みあげることもありますが、多くの場合は他人が書いたものを読みます。
それは小説や随筆、詩などの文学作品であったり、メッセージであったり、ときにはそのへんにあるメニューを読みあげるなどという奇抜なシチュエーションもあるかもしれません。
いずれにしても、書かれた文字を読みあげることにはちがいありません。

文字は手書きのこともあれば、印刷されたものかもしれません。
最近ではスマートフォンやタブレット端末の画面に表示された文章を読みあげることも増えているようです。

文章をおぼえてしまい、手ぶらで朗唱する人もいます。
これも広くとらえれば朗読表現のひとつといえるかもしれませんが、現代朗読ではテキストはあくまで朗読者の手のなかにあり、おぼえていようがいまいがそれを読みあげることを朗読表現であると定義しています。

では、朗読表現においてテキストはどのようにあつかえばいいのでしょうか。
ひと前で朗読する機会が生じたとき、たいていの人はまず、それを「読みまちがえないように読む」練習からはじめるでしょう。
書かれていることを一字一句あやまりなく読めるように、何度もくりかえし黙読したり音読したりします。
しかし、それだけでいいでしょうか。

表現にもちいるテキストはどのようにあつかえばいいのか。
たとえば音楽演奏家がある曲を演奏するとき、その曲をただまちがえずに弾くように練習すればいいのか。
そうではありませんね。
それとおなじように、朗読者がテキストをあつかうとき、ただまちがえずに読めるようにするだけではなく、さらにその先の世界へと進入していく必要があります。

朗読生活のススメ9月「表現者として生きる」編全3回(9.3/10/24)
すべての人が表現者へと進化し、人生をすばらしくするために現代朗読がお送りする、3回完結の講座です。2016年9月は「表現者として生きる」というテーマで3日/10日/24日の3回、それぞれ土曜日の午後6時半から、世田谷区立代田地区会館にて開催します。

2016年8月25日木曜日

楽しい音声コンテンツの製作

それをお金にすることをかんがえなければ、ラジオドラマやオーディオブックの収録・製作はとっても楽しいのです。

もともと私はラジオ番組がコンテンツ製作のスタートで、スポンサーもついていて商業コンテンツの世界でしたが、実際にはスポンサーが番組に口出しすることはほとんどなく、自由に楽しくやらせてもらったのが、最初の経験としてはとてもよかったのです。
そんな楽しさを、多くの人に味わってもらいたいと思っています。
しかもいまは、かつてのプロ用機材も必要なく、安価な機材やアプリケーションでだれでも収録・製作ができますし、また作ったものをインターネットで自由に配信できるという夢のような時代です。

最近越してきた国立の仕事場は、大変静穏な環境で、防音ブースも不要です。
ここで環境を整えて、私はつぎのような音声コンテンツの収録・製作・配信をおこなっていこうとかんがえています。

・オーディオブック
・ラジオドラマ
・ネットライブ
・音楽コンテンツ
・映像コンテンツ

2001年からアイ文庫で製作をスタートしたオーディオブックは、すでに多くの作品がネットで流通していますが、収益性ということではまだまだむずかしいものがあります。
世界最大手のオーディブル・インクもアマゾンで販売に力を入れているようですが、どの程度の売り上げがあるのか、いまのところあまり大きな期待はできない状況のようです。

売ること、それで生活することをかんがえるとオーディオブックの製作は苦しくなりますが、朗読者の表現作品としてかんがえると、多くの人に愛聴されたり、末長く楽しんでもらえる可能性が生まれてきます。
音声表現者としてはこんなに心楽しいことはないのではないでしょうか。

ラジオドラマやネットライブは、まるで高校や大学の放送部のように仲間とわいわいと作りあげる楽しみがあります。
それをまた多くの人が楽しんでもらえると思うと、作る側も楽しいですね。

音楽コンテンツ、つまりかつてはCDに焼いたような音楽作品ですが、これはもう私が長年にわたっておこなってきたことです。
ひとりで作るのが私の性にあっています。
スタジオにこもってこつこつと、ひとりで演奏したり、音を重ねたりして、音楽を作るのです。

私が今後挑戦してみたいと思っているのは、映像コンテンツです。
映像詩のようなショートムービーを作ってみたいと思っています。
自分のテキストと音楽を使って、映像も自分で編集してみたいのです。
ただしこれには協力者が必要です。
テキストを読んでくれる人、場合によっては映像に出演してくれる人も必要になるかもしれません。
しかし、結局のところ、スタジオでこつこつと編集し、仕上げていく作業になるでしょう。

音楽と映像はともかく、オーディオブックやポッドキャスト、ラジオドラマなど音声コンテンツの収録・製作コースが、国立の家でスタートします。
毎月3回1テーマで、月ごとに4テーマの内容をかんがえています。
興味がある方はぜひご参加ください。

9月開催:音声コンテンツ製作コース「収録実践編」全3回(9.3/17/24)
オーディオブック、ラジオドラマ、ポッドキャスト、YouTubeやニコ動、Ustreamなどの動画配信など、音声を中心としたコンテンツを収録したり製作・配信するためのコースです。
毎月3回、テーマごとに完結するシリーズで、2016年9月は「収録実践編」ということで全3回開催します。

2016年8月23日火曜日

映画:ミッション・インポシブル/ローグネイション

2015年公開のアメリカ映画。
監督は脚本家のクリストファー・マッカリー。
脚本は「ユージュアル・サスペクツ」「X-メン」「ワルキューレ(監督も)」「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」「アウトロー(監督も)」などを手がけていて、ハリウッドのベテラントップランナーといっていいでしょう。
主役のイーサン・ハントは、いわずもがな、トム・クルーズですね。

ちなみに、私はトム・クルーズ主演の「カクテル」という映画をもじって、『週末バーテンダーのすすめ』という本を「栗栖十三」というペンネームで書いたことがあります。
「栗栖《くりす》」はクルーズ、「十三《じゅうぞう》」はトムからこじつけたんですね。

この「ミッション・インポシブル」はもともとテレビシリーズで、私も子どものころに「スパイ大作戦」として食いついて見ていた覚えがあります。
不可能を可能にする奇想天外な作戦、トリックなど、子ども心にもわくわくしたものです。
その影響が、いまから思えば、自分の初期のころの娯楽小説群にあらわれているかもしれません。
スパイ大作戦とか、アメリカの犯罪小説(とくにドナルド・E・ウェストレイクとか)とか、アメージングストーリーとか、そういうものからたくさんの影響を受けてきました。

その観点から見ると、この「ローグネイション」はトリックの要素はあまり多くなく、近年のハリウッド映画がすべからくそうであるように、暴力とアクションに重点が置かれています。
しかし、トリックがまったくないわけではなく、また監督が脚本家ということもあってか、ストーリーはそこそここみいっています。

最近の観客はこみいったストーリーを好まず、伏線すら拾えない、ということを聞いたことがあるんですが、もしそうだとしたら「ローグネイション」はまったく観客受けしない映画だといえるでしょう。
そこをアクションシーンで無理やり引っ張っているかもしれませんね。
カーチェイスとか、バイクチェイスとか、銃撃とか殴りあいとか、そういうのを脊髄反射的に拾って観ているだけで2時間以上があれよあれよとすぎていって、最後はなんとなくスカッと解決した気になって満足する、そんなふうに作られている映画のような気がします。
アクションシーンのところは薄眼で流して観て、ちゃんとストーリーとトリックを追って観ると、それなりに楽しめる映画かもしれません。

最後のどんでん返しのところはスパイ大作戦っぽくできていて、楽しかったですよ。

【メールマガジン「水マガ」毎日配信中】
水城ゆうの現在の活動にかかわるすべてのものについて、テキストコンテンツとして毎日配信するメールマガジンの登録はこちら

8月27日:マインドフル共感音読養生練習会@新代田

突発的ですが、会場が確保できたので、練習会をおこないます。つぎのキーワードにピンときた人はどうぞ!

・マインドフルネス
・共感的コミュニケーション(NVC)
・音読療法
・韓氏意拳養生功
・朗読などの音声&身体表現

参加した方のやってみたいこと、気になっていることなどにできるだけお応えする形にしたいと思っていますが、とくになにもなくてもこちらから提案しますので手ぶらでお越しください。

◎日時 2016年8月27日(土) 15:30〜17:30
◎場所 新代田駅すぐそばの施設
    (京王井の頭線新代田駅徒歩30秒)

◎参加費 ドネーション(寄付)制(基準額2,000円)
◎必要なもの とくにありません。動きやすい服装でおいでください。

※参加申し込みおよび問い合わせは、こちらのフォームからメッセージ本文に「マインドフル練習会」とご記入ください。

※講師・水城ゆうについて
小説家、ピアニスト、NPO法人現代朗読協会主宰。
音読療法協会オーガナイザー。韓氏意拳学会員、NVCジャパン。
朗読と音楽によるパフォーマンス活動を1985年から開始。また、1986年には職業作家としてデビューし、数多くの商業小説(SF、ミステリー、冒険小説など)を出している。
現在は商業出版に距離を置き、朗読と音楽を中心とした音声表現の活動を軸に、音読療法の普及・啓蒙活動やボイスコーチングをおこなっている。
website : http://yuumizuki.blogspot.com