2017年2月23日木曜日

『マインドフル練習帳3』について

マインドフルネスの練習を毎日一題ずつできる「マインドフル練習帳」のシリーズの3巻目がアマゾンKindleからリリースされました。
この本の「まえがき」をご紹介します。

(まえがき、ここから)
――――――
 マインドフルネスの練習に役立つ練習帳の第三弾をお送りします。本書は七月から九月の三か月間、毎日練習ができるように書かれています。
 マインドフルネスの練習をみなさんにもおすすめしたい理由は、私がそれによって大変得るものが多かったからです。
 ピアニストである私にとってとくに有益だったのは、マインドフルネスの延長線上にある(と私がかんがえている)フローとゾーンを経験し、獲得したことです。
 フローというのは、簡単にいえば、なにかをやっているときに――たとえば私ならピアノを演奏しているときに――自分がやっていることに完全に集中していると同時に、そのまわりで起こっていることにも気づきつづけている状態のことをいいます。
 だれでも経験したことがあるかもしれませんが、私のフロー状態の古い記憶では、学生時代にアルバイトしていたバーや飲食店での経験です。ものすごくいそがしくなって、洗い物であったり酒の注文であったりをいそがしくがんがんこなしているんですが、同時にあちこちにいるお客さんの状況も把握していて、それらの会話も聞こえてくるという、とてもクリアな状態です。フローという文字通り、膨大な情報が自分のなかに流れこんできているけれど、それらはとどこおりなく流れていて、自分はそれをとてもクリアに客観的に見たり処理したりできているのです。
 フローがさらに深まり、密度が濃くなったとき、ゾーンという現象を経験します。
 ゾーンがよく知られているのは、トップアスリートが自分の限界を超えて記録を更新するような瞬間の状態です。完全に集中しながら同時にリラックスしていて、自分の状態とまわりの状況を同時に把握していて、自分の能力の最大限を発揮できるフェーズに進入します。
 私の場合だと、ピアノを演奏していて、完全にそれに集中していながら、お客さんの状態やまわりで起こっていることにも気づきつつ、自分ができることの限界を超えて思いがけない能力が開いていく場面に立ちあえる瞬間があります。これはめったに訪れないと思っていたんですが、マインドフルネスを日常的に練習することによって、めったにではなく、しばしば体験できる、ということを実感しています。
 だれしも一回きりの「生」を生きているわけですから、自分の命を生ききりたい、自分の能力を発揮しつくしてみたい、という思いがあるのではないでしょうか。
 もちろん、人によって能力の違いはありますし、得意不得意や向き不向きもあります。そんななかでも、限界まで、あるいは限界を超えて自分自身を生かしきりたいという思いが、私にはあります。
 そんな思いを共有できる人に、まずは毎日のマインドフルネスの練習からやってみませんか、という提案をしたいというのが、本書のねらいのひとつでもあります。
――――――
(まえがき、ここまで)

電子ブック『マインドフル練習帳3』はこちらからどうぞ。

映画:ダブル・ジョパディー

1999年公開の合衆国とカナダの合作映画。
監督はブルース・ベレスフォードというオーストラリア出身の人。
予断かもしれないけれど、オーストラリア出身と聞くと、なんとなくこの映画全体をおおっているちょっとダサい(失礼!)空気感が説明できるような気がしてしまいます。

主演はアシュレイ・ジャッド。
この映画以外にも「コレクター」「ハイ・クライムズ」などでも主演をはった有名女優ですね。
しかし、これも私の個人的な印象かもしれませんが、なんとなく「小粒」な感じがするんですよね。
いや、いいんですよ、なにも主演女優の全員が「大物」な感じじゃなきゃいけないわけじゃないんで。
美しい方ですしね。

お話は、アシュレイ・ジャッド演じるなに不自由ない人からうらやまれるような生活を送っている女性が、ある日夫殺しの罪をかぶせられて、愛する息子とも引きはなされ、投獄生活を送るはめになってしまう、そこから息子をどうやって取りもどし、復讐をはたしていくか、というものです。
ヨットでセーリングするのが大好きで、それを夫からプレゼントされます。
息子を友人に預け、夫婦ラブラブモードでセーリングに出かけるも、目がさめたら船内は血だらけになっていて、夫の姿はない、そして自分は夫殺害容疑で逮捕され、有罪判決を受けてしまう、というちょっとショッキングな話です。

獄中ではふたたび息子に会える日のことだけを念じていますが、囚人仲間の協力で事件の真相をさぐりあてます。
そしてなんと、死んだはずの夫が生きていて、しかも自分の息子や親友とのうのうと暮らしていることを知るわけです。

夫への復讐が後半のストーリーとなっているわけですが、映画のタイトルはそれにからんでいます。

夫役はブルース・グリーンウッド。
顔を見ればだれもが「ああこの人ね」とわかる有名俳優ですが、こちらもなんとなく「小粒」な印象があるのは私の偏見でしょうか。
一方、対照的に個性的な役柄でトミー・リー・ジョーンズが登場します。
さすがの存在感といっていいでしょう。
くそにくたらしい役柄ですが(最後は味方=善玉になります)。

1999年といえばまだたったの18年前でしかないんですが、どことなく古くささというか、全盛期をすぎたハリウッド臭がただよっているのは、どういうことでしょうね。
気になる人は見てみて、私のいってることを確かめてみてください。

水城ゆう音楽レッスン@世田谷東北沢(2.26)
2月26日(日)夜、ピアノ付きの音楽室で音楽レッスンをおこないます。18:00から30分単位で、7コマのレッスンを受け付けます。グループレッスンも歓迎。ピアノ、歌、即興、アレンジなど、どうぞチャレンジしてみてください。

2017年2月22日水曜日

「自分につながるテキストライティング・ワークショップ」が終了

「自分につながるテキストライティング・ワークショップ」が終了しました。
年末に「自分につながる」シリーズの5回連続講座のひとつとしておこなったものを受けて、テキストライティングに切り口を絞りこんだ半日ワークショップを初めて開催したものです。

午前10時から午後4時すぎまでの長丁場、と思いきや、あっという間に楽しい時間はすぎました。
参加者のみなさんとつながりを感じながらのクリエイティブで濃密な時間でした。

なにかを書いて自分を表現する、人に伝える、という行為は、もちろんことばを使います。
そしてことばは、社会的な記号です。
あるものごとにたいして共通に認識したり理解するために必要なツールといってもいいでしょう。
その共通記号を用いておこなう表現にオリジナリティというものが存在しうるのか。
存在するとしたら、それはどのような要素によって担保されるのか。
またそこれはどのようなアプローチで獲得できるのか。

参加のみなさんにはさまざまなテキストエチュードに挑戦してもらったんですが、そのいずれも、ことばという社会共通記号をもちいながらも、自分自身の内面と向かい合うワークになったようです。
ことばという道具は、外向きに使うこともできますが、内側を見ることにも使えるのです。
外向きに使うとき、それは社会的評価や他人からの理解、認知を予測し、計算し、たくらみながら書くことになりますが(それはしばしば失敗します)、内側を見ることに使うとき、ときに予想外の自分自身の姿があらわれたり、いきいきとした自分のニーズが見えたりすることがあります。

私のように日常的に、職業的にものを書く人間だけでなく、どなたも毎日「書く」という 行為を他人の評価ではなく自分自身と向かい合う時間としてすごすとき、なにか有意義でわくわくするものが見えてくる可能性があります。

ワークショップではテキストの機能別に分けた描写や叙述の練習、感覚記述の練習、比喩のエチュード、聞き取りのエチュード、大きなものがたりの冒頭と結末を作る練習など、いくつもの練習をしましたが、私の30年以上にわたる執筆活動で得たさまざまな知見・経験をみなさんにシェアしたり、いっしょにワークできたのが楽しかったのです。

そして、テキストで共感するということについてのトライアルもやりました。
ネットの2チャンネルでのシビアなやりとり、ツッコミを読んで、それを共感的なことばに翻訳して書き手のニーズを受け取る、という練習です。
やってみてわかったのは、これはネットでのトラブルを避ける方法として役に立つけれど、それ以上に表現するこちら側にいる自分自身を守ることにも有効だ、ということでした。
自分自身を守ることができて、トラブルをおそれる気持ちが少なくなれば、よりのびやかに、無防備に表現できるようになりますし、そのことが書き手の能力を最大限発揮することに役に立つのですか。

付き合ってくれたみなさん、ありがとう!
次回のテキストWSは3月11日(土)に開催します。
興味のある方はこちらをどうぞ。

2017年2月21日火曜日

新刊:『マインドフル練習帳3』(Kindle)発刊しました

新刊 『マインドフル練習帳3』が、電子ブック・Kindleから発刊されました。

「マインドフル練習帳」シリーズの第3弾で、第1弾の『マインドフル練習帳1』(1~3月)、第2弾の『マインドフル練習帳2』(4~6月)につづいて7月から9月までの毎日できるマインドフルの練習問題と水城のコメントを収録してあります。

なお、この本はKindle unlimited(読み放題)にも登録しています。
アマゾンのプライム会員は無料で読めます。

こちらからどうぞ。

2017年2月20日月曜日

映画:ダーク・プレイス

2015年公開、製作はイギリス、フランス、合衆国の共同。
原作はギリアン・フリンの『冥闇』という小説。
そして主演はリビー・デイ役はシャーリーズ・セロン。

私好みとはいえない女優なんですが(個人的意見ですよ)、なぜかとても気になります。
相当な美人だと思うけれど、なぜか汚れ役がいい。
リアルデータによれば、身長は177センチ。
南アフリカ共和国生まれで、モデルとしてパリやミラノで活躍したあと、バレーダンサーをめざしてアメリカに渡るも、膝の故障で挫折。
その後、映画女優に、というキャリア。

「15ミニッツ」「ミニミニ大作戦「モンスター」「ハンコック」など、出演作も多いけれど、なんといっても「マッドマックス 怒りのデス・ロード」でのフュリオサ大隊長役の存在感は記憶にあたらしいところですり。
マッドマックスの映画なのに、主役を完全に彼女が持っていきましたからね。

この「ダーク・プレイス」は表題どおり、暗いです、はっきりいって。
救いがないことはないんだけれど、陰惨な過去の一家惨殺事件をいまだに引きずっている者たちの話で、全編、雪雲が重く垂れ込めた北陸の冬の天気みたいに、重苦しく暗い雰囲気です。
シャーリーズ・セロンが演じるリビー・デイは、惨殺事件のとき幼女だった生き残りで、そのときの世間の同情から寄付金をあてに自堕落な生活をつづけている女、という役回りです(美人だけど)。
彼女の証言によって、28年間も服役している、実行犯だとされた兄も出てきます。

殺人クラブというあやしげな、過去の難事件を調査しているグループや、過去の事件に関わった人々がすこしずつ姿をあらわし、事件の驚くべき真相が明らかになっていきます。

派手なアクションもなし、濡れ場もなし、ですが、よくできたストーリーと抑制のきいた映像と演技で、なかなかいい映画に仕上がっていると思います。
暗いけど。

【メールマガジン「水マガ」毎日配信中】
水城ゆうの現在の活動にかかわるすべてのものについて、テキストコンテンツとして毎日配信しています。長編小説『大きな川と雪のものがたり』連載中。
登録はこちら

2017年2月19日日曜日

紙本の『共感的コミュニケーション2017』ができあがってきました

私の近著『共感的コミュニケーション2017』ですが、すでにアマゾンKindleでは電子版を配信中です。
そしてこのたび、表紙カバー付きで製本された紙本ができあがってきました。

判型は持ちやすく、バッグにも入れやすい新書版サイズで、全272ページです。
本文の版組も表紙カバーも全部自分でデザインしました。
えへん。
こんなことができてしまう時代になったんですね。

私の手元にありますので、共感カフェなどで直接おっしゃっていただければお渡しします。
頒価1,500円(税込)です。

遠方の方には郵送します。
決済は振込でもいいんですが、ネットでもできます。

私の音楽コンテンツを「BandCamp」というダウンロード販売サイトで配信しているんですが、そこでは私の曲をダウンロード購入する際、設定してある値段以上に支払うことができます。
たとえば500円のアルバムを買うときに、1,500円を支払うこともできるんですね。
それを利用して、紙本の決済もそちらでやれます。

そちらで決済したい方は、サイト「https://yuumizuki.bandcamp.com/」に行っていただいて、お好きな私の曲もしくはアルバムを選び、その購入ボタンを押してください。
払いこむ金額を聞かれますので、そこに必要な額を入力して決済してください。
つまり、私の本を買えば、私の曲がおまけについてくる、ということです!

必要な方は私に直接お知らせください。
サインが必要な方はその旨も(笑)。

2017年2月18日土曜日

大切な場所、大切な時間

福井県立病院でのピアノコンサートが終わりました。
毎回、季節にからんだ曲を演奏することが多いんですが、今回は2月ということで、冬の曲、新春の曲、春を待つ曲など、日本の懐かしいメロディやよく知られた曲をモチーフに、即興アレンジで演奏しました。
ちょうど1時間、トークをまじえてだいたい8~10曲程度を演奏しますが、今回はトークが多かったのと、1曲あたりの時間が長かったのとで、結局演奏曲は6曲だったかな。

三ヶ月に一回くらいのペースで演奏させてもらっていますが、回を追うごとにリピーターの方が増えて、しだいに見覚えのあるお顔がならんでいるのを見るのがうれしいのです。
友だちを誘って来てくれるリピーターの方が多く、にぎやかです。
開演の30分以上前からいらして楽しみに待っていただいている方々や、毎回病院に問い合わせて日時を確認していらしてくれる方々もいます。

今回は、前日に福井県立図書館で文学カフェの講師をつとめた際、病院でのコンサートのことも紹介したので、文学カフェの参加者でこちらにも来てくださった方がいらっしゃいました。
文学も好きだけど、音楽も好きとのことでした。

演奏が終わってから何人かから「つぎはいつですか?」と声をかけられて(次回はまだ決まってませんが)、それもうれしかったのです。
あと、お父様が入院しておられてたまたまお見舞いにいらした女性が、「父が引きあわせてくれたんだと思います」と涙ぐみながらおっしゃっていただいたのも、感じるものがありました。

もう四年以上つづいているコンサートですが、私にとって大切な場所となっています。
このコンサートのためになにかあらためて準備をする、というようなことはしていませんが、これが数か月おきにあることがアクセントとなっていて、日頃の練習や演奏によい影響が生まれている気がします。

コンサート後は母が入院している病院に立ちよって、リハビリをするところを見せていただきました。
リハビリの担当のふたりの方から、母の状態やリハビリ内容についての丁寧な説明がありました。
みなさんによくしていただいてありがたいです。

2017年2月17日金曜日

YouTube:福井県立病院ボランティアコンサート2017.2より「スカボロー・フェア」

2017年2月13日。
3か月に1回程度のペースで水城ゆうがおこなっている福井県立病院エントランスホールでのソロピアノコンサートの模様から、「スカボロー・フェア」をお送りします。

映像はこちら

書くことの苦しさから楽しさへの離脱

ふるさと文学館主催の文学カフェの講師を、福井県立図書館でおこなってきました。
大雪警報が出るほどの悪天候のなか、キャンセルがあったりたどりつけなかった方もいらしたようですが、それでも30人くらいの方がわざわざいらしてくれました。
私が実家でおこなっている音読カフェの仲間のひとりも駆けつけてくれたり、県立病院の医師で同級生のたつみくんが休日にもかかわらずわざわざ来てくれたりして、うれしかったです。

ふるさと文学館の方たちとは半年くらい前からこの企画をふくめたやりとりをしていました。
メールのやりとりだけの方たちと実際にお会いしてお話ができたのもうれしかったことのひとつです。

文学カフェではまず私の現在にいたるまでの経緯や、いまやっていることの紹介をしたあと、質問を受けて身近に対話をさせていただきました。
自分でも創作をしている方や、文学館でやっている講座に出ている方もいらして、かなり具体的な質問もあれば、文章で自分を表現し伝えるということについての哲学的な考察もあったりしました。

印象的だったのは、なにか書いてもそれが意図したように伝わらない、ねらいどおりに伝わらない、といったことや、批判・批評を受けて苦しくなる、さらに書きつづけるのが怖くなる、というような話が何人かから出てきたことでした。
これについては、自己共感で自分自身の表現の活力をうしなわずつながりつづけることの必要性と、うまく受け取ってもらえないことや批判をしてくる人のニーズを推測し共感してみることの有効性について(いつもの話ではありますが)伝えさせていただきました。

また、パソコンだのネットだのと、世の中の進展の速度がめまぐるしくてついていけず、とても書きたいのにそういうものを使いこなす自信がなくて絶望感を持ってしまっている、という年配の方がいらっしゃいました。
しかし、その方のなかには「書きたい、表現したい」という命の輝きがあって、それはまちがいなく消えるものではないのです。
それを表現するのにどんな手段があるか、ということに目が向いてしまって、そこで脱力してしまっていることがわかります。
そのことを指摘し、自分につながるお手伝いをしたら、その方ははればれと元気なお顔になりました。

帰り道で思ったのは、あらためて自分を表現したいと思っていながらいろいろなことで苦しんだりためらったり、絶望感を持っている人がたくさんいるけれど、ほんのちょっとしたことで自分のいきいきさや活力を取りもどし、ふたたび表現の世界に生きていくことができるという、そのことのお手伝いをもっともっとできるといいなあ、ということでした。

自分とつながるテキストライティングWS(3.11)
いまの時代こそ表現の根本である「ことば」が重要であり、私たちは自分自身を語ることばを獲得する必要があります。それを模索するワークショップを3月11日(土)に国立で6時間にわたって、じっくりとおこないます。